FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line
道を歩いていたり
図書館で本を読んでいる時
ふ、と
視線を感じ、顔をあげると大抵
小さな子供がコチラをジィッと見つめている。

…同じ子供がいつも見ている…
なんて怪談じゃありません!(笑)
ちゃんと毎回違う子供でちゃんと生きてます!w

で、小さな子供が私を見ている事が多い。
錯覚かな?偶然かな?と最初は思いましたが、
こう何年も何回も続くと「???」と思う。

変な者を見ている…でもない
好奇な者を見ている…でもない
おびえた目…でもない
不思議なモノを見る目。

なんと表現すればよいのか。
本当に不思議そうに私を見つめる。
真剣な顔をして私を不思議そうにみつめる。
幼い子ほどその表情は顕著だ。


私は不思議生物か?!(泣)

全く失敬な!と思いつつ微笑んであげると
大概は普通に笑い返してくれる。
良かった。
スポンサーサイト
line
以前、禰衡(でいこう)を主題に小説を作っていると
書いた。遅々と着々と進んでいる。

史料文献とにらみ合い、「禰衡とはなにか」と追求し続ける。
彼が生きた時代は、長く続いた治世が、
腐れるように混迷しだす不安定な時代。
当時の政策により「清流派」と呼ばれる知識人(多くは儒者)が
2度にわたって粛清されている。
党錮の禁(とうこのきん)と呼ばれる血の粛清が行われ
良識ある者は殺されたか、政界を追放された。

その流れで三国志の時代に移る。

禰衡は清流派の人間と交わりが深い。
隠者同然の禰衡の才を評価し
表舞台に引き出したのも、生き残りの清流派だった。

禰衡。智あれど舌は峻烈。
党錮の禁で消えた、知識人の恨みつらみを
背負って生まれてきた様な男だ。
「悪」を微塵も許さない。
 たとえば、貴方が何の気なしに、ふぅと、ゴミを落とし
 そのまま行ってしまった。
 それを見たある男が、激烈な言語でしゃべり出し
 逆説や皮肉を交え
 終いには大昔の聖人君子の逸話を持ち出して貴方を攻めたと
 想像してください。
悪いのは貴方だが、だが、その男を憎らしい、と思うだろう。
今も昔も、それは同じ。
しかし禰衡の舌は乾くこと無く、糾弾する。

最後、この男はある地方有力者の宴で
「貴殿は祠(ほこら)の神のようだ」とその有力者を評価した。
始めほめられたと、思ったろう。
ところがその意味は、
《住民から賽銭やお供え物を取るだけで何もしない役立たず》

結局、殺される。享年26歳。

日本の橘逸勢も舌でわが身を滅ぼした。
だが、禰衡ほどあほらしい毒舌家は他にあるだろうか。

彼の書いた「オウムの賦」と言う詩がある。
自らをオウムに喩えている。

今その名文を通じ「禰衡とはなにか」
と、模索している。

theme : 三国志
genre : 学問・文化・芸術

line
・・・なぜ、この単語が気にかかったか・・・
「鋼の錬金術師」と言う漫画を読み、そのオマケの
ページで主人公の弟、アルフォンス君の褌ネタが多かったからだw

さて
何故「褌」をふんどしと、言うのか!
その意味論から疑問に思った!

ふんどし。
「踏み通し」(ふみとおし)が語源と辞書にある。
よく分からない。。。もう一つの語源。中国の「褌衣」の
韓語化のフントスがある。
語源に関してはこれ以上は分からない。

さて、ふんどしを、調べていて色々面白いものが分かった。
そちらの方に私は目を輝かせ夢中になった。

蟹のお腹をおおう甲羅。アレをふんどしと言う。らしい
「越中ふんどし」は富山の薬売りが普及させたとか、
細川越中守忠興が考案したとか・・・諸説。
越中ふんどしは1mくらい。
六尺ふんどしは2m30cmくらい。
江戸時代主流は六尺ふんどし。越中は神主とか歌舞伎役者
位しか使わなかったそうだ。
明治以降、越中ふんどしが主流にかわる。
ふんどしかつぎ。立場の低い者の意。これは、
相撲の関取の褌を格下が担いたため。
店員がふんどし一丁で接客する居酒屋がどこかに
あるらしい。ww
「帯に短しタスキに長し」
この後に「~ふんどしには丁度良い」と続く。らしいw
佐川急便の赤フンに触ると幸福になれるという・・・w
ふんどしの数え方は「一本」



他にも色々わかった。「ふんどし」の資料は豊富に有った。
県立図書館、市立図書館にも行って調べた。

「ふんどし」調べるのに、10日火曜の休日・・・
貴重なOFFをまるまるつぶしてしまった。


不思議な満足感がある。

more...

line
鬼平犯科帳。一本眉。
いぃねぇ~!!!

中村吉右衛門さん!!!しびれるねぇ~
男が男に魅入る役者だわ。
趣とし慎とし粋とする演技。

かぁぁぁっ!!惚れるね!



歌舞伎役者で祖父である初代吉右衛門の養子となる
複雑な経歴を持つこの役者。
この人を見ていると、人とは?人生とは?仕事とは?
という、思いに到ります。

池波正太郎氏の「鬼平犯科帳」は、やりきれない話が多い。
だが、その中で、溜飲を下げる鬼平の言動が涙を誘う。
ただ竹を割るだけの単純さではない
泥の中から、瓦のかけらを拾い出す様な、複雑さもある。


・・・吉右衛門さんの演技を見て
百の言語を一の演技で現せる。
そのように思う。
では、百の演技を一の言語で現せれるか・・・




それができたらノーベル賞ものであろう
line
知る人ぞ知る私は「怪談マニア」である。
それも語るのが好きだったりする。
大阪にいる時も松江に帰った今でも
これはと言う人には「なにか不思議な体験してない?」
などと聞く。

意外と色々話を聞く。

公開するのが私の主旨ゆえ
情報元には「第三者に話しても良いか」と、了解を取る。
大概は条件付きでOKをもらえる。

色んな話を得た。
既出の話の焼き増し、みたいな物もあるが
大概はオリジナル(?)である。

だが、中には「これはまずいな・・・」
と感じる話もある。私はそれを禁話と称し
私の脳内に留めている。
その話をすれば何が起こるか分からない、と言う恐怖を感じるからだ。

その話に「力」があるのだろう。
その力が弱まるまで待つ必要がある。

見えぬ物、見える物を哲学し
知りたいのが私の探求。


しかし・・・
話してはいけない話は、存在する。
残念な事だが。。。

theme : ふと感じること
genre :

line
本日、午前中、黄砂にてやや視界が悪かったのだが
お昼からは春ののどかな桜日和、となりました。

松江城の桜。見に行きました。


ほとんど満開で木によっては葉桜になっている桜も有りました。
慶長時代のぼくとつな石垣に
湯上り美人の様な桜は、よく映えます。

今年で松江は開府400年だそうです。
桜が持つ花が持つやさしさは、400年の間に起こった
清も濁もひとしく温めてくれているようで・・・
そんな慈愛を施されては
選挙カーのわめき声も許さざるを
おえません。
070402_165437.jpg

theme : 島根県
genre : 地域情報

line
音痴ほどカラオケが好き、なのかも知れません。
妹と、二人。行ってきましたw


松江の学園通りに有るとあるカラオケ店。

一時間2500円!!!

あこぎな商売を!
・・・商売上手なお店です

中で売ってある500ml缶ビールが420円!!!

映画館かここは!
・・・商売上手なお店です


ともあれ、3時間。歌って来ました(^^)

久々に歌い、声がかすれました(笑)
・・・複式呼吸の発声の仕方を忘れていた体たらく・・・

しかし、ま、ストレス発散になりました!
実に楽しかった!!!



二度とこの店には行かないけどね(しれっ

theme : たわいもない話
genre : 日記

line
line

line
プロフィール

ミュウ教授

Author:ミュウ教授
在:島根県松江市
性:男


もろもろの事柄をそろそろと、つれづれと、だらだら、と。。。

名前:ミュウ教授。
またはミュウ・H・ハウゼンとも。

line
カレンダー
03 | 2007/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
line
FC2カウンター
line
文字を大きく・小さく
    line
    リンク
    line
    最近の記事
    line
    最近のコメント
    line
    カテゴリー
    line
    名言・格言集
    line
    仁王立ちだZE★霧雨魔理沙

    まよねーず工場
    line
    今日の干支
    line
    尾崎放哉今日の一句
    line
    ランダム妖怪辞典
    line
    TV番組表


    developed by 遊ぶブログ
    line
    今日の献立
    line
    YouTube本日の人気動画TOP3 (ホワイト)

    ブログパーツ.net
    line
    クラシック演奏会
    line
    簡易型犬の年齢計算機
    line
    ブログ内検索
    line
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    line
    みくろっく

    みくろっく
    line
    sub_line
    sub_line
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。