FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

汝は祠の神

以前、禰衡(でいこう)を主題に小説を作っていると
書いた。遅々と着々と進んでいる。

史料文献とにらみ合い、「禰衡とはなにか」と追求し続ける。
彼が生きた時代は、長く続いた治世が、
腐れるように混迷しだす不安定な時代。
当時の政策により「清流派」と呼ばれる知識人(多くは儒者)が
2度にわたって粛清されている。
党錮の禁(とうこのきん)と呼ばれる血の粛清が行われ
良識ある者は殺されたか、政界を追放された。

その流れで三国志の時代に移る。

禰衡は清流派の人間と交わりが深い。
隠者同然の禰衡の才を評価し
表舞台に引き出したのも、生き残りの清流派だった。

禰衡。智あれど舌は峻烈。
党錮の禁で消えた、知識人の恨みつらみを
背負って生まれてきた様な男だ。
「悪」を微塵も許さない。
 たとえば、貴方が何の気なしに、ふぅと、ゴミを落とし
 そのまま行ってしまった。
 それを見たある男が、激烈な言語でしゃべり出し
 逆説や皮肉を交え
 終いには大昔の聖人君子の逸話を持ち出して貴方を攻めたと
 想像してください。
悪いのは貴方だが、だが、その男を憎らしい、と思うだろう。
今も昔も、それは同じ。
しかし禰衡の舌は乾くこと無く、糾弾する。

最後、この男はある地方有力者の宴で
「貴殿は祠(ほこら)の神のようだ」とその有力者を評価した。
始めほめられたと、思ったろう。
ところがその意味は、
《住民から賽銭やお供え物を取るだけで何もしない役立たず》

結局、殺される。享年26歳。

日本の橘逸勢も舌でわが身を滅ぼした。
だが、禰衡ほどあほらしい毒舌家は他にあるだろうか。

彼の書いた「オウムの賦」と言う詩がある。
自らをオウムに喩えている。

今その名文を通じ「禰衡とはなにか」
と、模索している。

スポンサーサイト

theme : 三国志
genre : 学問・文化・芸術

line

comment

Secret

line
line

line
プロフィール

ミュウ教授

Author:ミュウ教授
在:島根県松江市
性:男


もろもろの事柄をそろそろと、つれづれと、だらだら、と。。。

名前:ミュウ教授。
またはミュウ・H・ハウゼンとも。

line
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
line
FC2カウンター
line
文字を大きく・小さく
    line
    リンク
    line
    最近の記事
    line
    最近のコメント
    line
    カテゴリー
    line
    名言・格言集
    line
    仁王立ちだZE★霧雨魔理沙

    まよねーず工場
    line
    今日の干支
    line
    尾崎放哉今日の一句
    line
    ランダム妖怪辞典
    line
    TV番組表


    developed by 遊ぶブログ
    line
    今日の献立
    line
    YouTube本日の人気動画TOP3 (ホワイト)

    ブログパーツ.net
    line
    クラシック演奏会
    line
    簡易型犬の年齢計算機
    line
    ブログ内検索
    line
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    line
    みくろっく

    みくろっく
    line
    sub_line
    sub_line
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。